結婚に役立つ情報を配信しています

結婚するにはいくら必要か

結婚式という、一生の中でも大きなイベントにはお金がかかります。
では、実際にいくら必要なのでしょうか?相場価格や結納などは地域によって、また、結納のスタイルによっても大きく金額が変わってきます。
また、一般的には本人たちではなく家同士で行うものなので、本人がお金を用意する必要はありませんが、家族としっかり相談することが大切です。
最近では、結納をせずに両家顔合わせで会食などを行うケースも増えています。
和食料理屋やレストラン・ホテルなど、場所によっても変わってきますが、平均5~10万円くらいです。
この金額も本人たちではなく、両親(男性側が多いです)が支払う場合もありますので、事前に決めておきましょう。
また、結婚式をしないカップルでも、指輪だけは欲しいものです。
婚約指輪は男性が女性に贈る、結婚指輪はお互い贈りあうことが多いです。
費用はブランドやダイヤによっても変わってきますが、平均相場は婚約指輪が30~40万円、結婚指輪が二人分で21万円くらいです。
結婚するにあたり、一番お金がかかるのが結婚式です。
これは会場によっても大きく費用に差があります。
平均相場は300~350万円です。
しかし、結婚祝いを頂くことを考えるのであれば、実際の負担額は100~150万円が最も多いのです。
結婚式の費用も両親が負担する場合もありますが、大きなお金ですのでやはりしっかりと話し合っておきましょう。
また、ハネムーンも行き先や内容によって大きく費用が変わってきますが、平均相場は55万円くらいといわれています。
しかし、安いプランもたくさん用意されていますので一度調べてみるのが良いでしょう。
最後に、新居引越しです。
結婚相手と生活する新居への引越しにも、お金はかかります。
賃貸か持ち家かなど状況によって大きく変わりますが、平均は105万円です。
結婚にかかる費用は、カップルによってさまざまなのです。